寝具を処分したい方必見!福岡市でベッドやマットレスの処分に困ったらエコロジーにお任せ!

「福岡市でベッドを処分したいけどやり方が分からない」

「マットレスを処分したいけど粗大ごみに出すのが面倒」

福岡市内でベッドやマットレスを処分したいと考えている方の中でそんな悩みを抱えている方は居ませんか?

今回の記事では皆様の悩みを解消するために、福岡市でベッド、マットレスを処分する際の方法や注意事項についてまとめてみました!

福岡市でベッド、マットレスを処分する方法

【市役所に粗大ごみ回収を依頼する】

ベッドやマットレスは粗大ごみの区分になるため、福岡市に粗大ごみの回収を依頼する必要があります。電話やインターネットで依頼する際の手順は以下の通りです。

①福岡市の粗大ごみ受付センターに連絡、申し込みをして金額や回収日時を決める。
②スーパー、コンビニなどで粗大ごみ処理券を買う。
③回収日の朝8;30までに指定された場所へベッド、マットレスを持っていく。

粗大ごみ処理券は300円、500円、1000円の3種あり、それぞれごみのサイズ等によって値段が変わります。処分したいベッドやマットレスに合わせてお使い分け下さい。

粗大ごみ受付センターの連絡先は以下になります。

福岡市 粗大ごみ受付センター
電話:092-731-1153 月曜日~土曜日 9:00~17:00
インターネット受付: https://sodaigomi-kankyo.city.fukuoka.lg.jp/

電話やインターネットの他、LINEを使って回収を申し込むことも可能です。

福岡市でのLINEやLINE Payを使った粗大ゴミの回収依頼方法】の記事にLINEを使った粗大ゴミ回収の申込方法や注意点などを纏めているので、ご覧ください。

【 処理施設への持ち込み 】

手間が掛かりますが、処分したいベッドやマットレスを直接処理施設まで持ち込むことも可能です。

その場合、搬入予定日の2週間前~搬入予定時刻の30分前までには持ち込みの受付を済ませましょう。電話、インターネットでの受付が可能です。

福岡市自己搬入ごみ事前受付センター:092-433-8234
受付時間/月曜日~土曜日 8時30分~16時

自己搬入ごみ事前受付(インターネット受付)
https://uketuke-kankyo.city.fukuoka.lg.jp/eco/home.do

処理施設の所在地など詳しい情報が知りたい方はこちらをご覧ください。
https://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/kanri/hp/006.html

【リサイクルショップに依頼する】

単に粗大ごみに出すだけでなく、リサイクルショップに買い取ってもらうという方法もあります。
店舗への持ち込みはもちろん、出張買取りサービスを行っているお店も多いです。

しかし、リサイクルショップの買取り対象になるのは「商品として成立するほど劣化が少ない」寝具でないといけません。

キズ、シミ、汚れなどがあるベッド、マットレスは買取ってもらえない場合もあります。

【回収業者に依頼する】

回収業者に依頼するという方法もあります。
当社エコロジーをはじめとする回収業者ではリサイクルショップと同じく、家まで出張回収に来てくれるケースが多いです。

処分したいと考えているベッド、マットレスの量やサイズに合わせて、軽トラックパック、1.5tトラックパック、2tトラックパックなどがあり、ニーズに沿った回収を依頼することが出来ます。

福岡市でベッド、マットレスを処分する際のメリット、デメリット

福岡市でベッドやマットレスを処分する方法は、

・市役所に粗大ごみの回収を依頼する
・処理施設に直接持っていく
・リサイクルショップに買い取りを依頼する
・回収業者に回収を依頼する

の4つがあります。

それぞれの方法にメリットデメリットがあり、皆様が処分したいと考えている寝具の状態や、皆様が置かれている状況によって使い分ける必要があります。そこで、各方法のメリットやデメリットについて下記にまとめました。

【市役所に回収を依頼する際のメリット、デメリット】

ベッドやマットレスを粗大ごみとして市役所に回収してもらう一番のメリットは、他の方法に比べて安価に処分できることです。

処分にかかる費用は粗大ごみ処理券の購入代(300円、500円、1000円の3種類 )くらいなので、どんなに大きなベッド、マットレスであっても最大で1000円程度しか掛かりません。

市役所に粗大ごみの回収を依頼する際のデメリットは、ベッドやマットレスを市が指定する回収場所まで持っていかなければいけないことです。

ベッドの場合だとそのままでは持ち運び出来ないので分解してから運ばなければならないでしょう。当然、解体する手間も掛かります。

引っ越しなどでベッド、マットレスを何点か一気に処分したいといった場合も、その全てを回収場所まで持っていくのはかなりの手間が掛かるはずです。

【処理施設に直接持っていく際のメリット、デメリット】

ベッドやマットレスを処理施設まで持っていく際のメリット、デメリットは粗大ごみの回収に出す場合と同じく、「安価だが手間が掛かる」といったものです。

粗大ごみ処分券すら不必要なため、粗大ごみの回収に出す場合よりも安価で処分できるというメリットはあります。
処理施設に持ち込んだ際の料金は10Kgまでごとに140円です。他の方法と比較するとこれが最も安価な処分方法と言えるでしょう。

しかし、他の方法と比較して最も手間が掛かるのもこの方法です。

ベッドの解体はもちろんのこと、運送するための人手や車両の手配など、処分するための手間が多く掛かります。普段忙しくて処分しに行く時間がない方にもおすすめはできません。

【リサイクルショップに回収を依頼する際の注意事項】

ベッドやマットレスの回収をリサイクルショップに依頼する際のメリットとして、

・単に処分するだけでなく、買い取ってもらえる
・査定、引き取りの為に家まで来てくれる

といった点が挙げられますが、リサイクルショップを利用できるのは処分したいと考えている寝具の状態が良ければの話です。

リサイクルショップ回収を依頼する際のデメリットとして、「売り物に出来るほど保存状態が良くなければ回収してもらえない」というものが挙げられます。

キズ、シミ、汚れ、日焼けによる変色があるなど、買い取ってもらいたいベッドやマットレスに劣化した部分があれば買い取りを拒否される場合もあります。

【回収業者に依頼する際の注意事項】

回収業者に回収を依頼した場合のメリットは多いです。
まず、粗大ごみ回収や施設への持ち込みで説明した、「手間が掛かる」というデメリットをカバーすることが出来ます。

・回収場所まで運ぶ手間
・ベッドを分解する手間
・車両を手配する手間

これら全てを業者が負担してくれるため、依頼する側の皆さんに負担が掛かることはありません。

一度に大量のベッドやマットレスを処分しなければならないという状況でもすべて業者にお任せできるので、処分したい寝具が大量にある場合などは回収業者に頼むのがベストです。

忙しくて処分しに行く暇がないという方にも打ってつけの方法だと言えるでしょう。

またリサイクルショップと同じく家まで出張回収に来てくれるのでわざわざお店まで持っていく必要はありません。
更にリサイクルショップでは買い取ってくれないような古い寝具でも回収業者に依頼すれば引き取ってもらうことが可能です。

回収業者に依頼する際のデメリットは、他の方法と比べて料金が掛かるということです。ですがその分、回収業者に依頼するメリットも多くあります。

「処分したいベッドやマットレスがあるけど自分で処分する暇がない」
「引っ越しなどで要らなくなったベッドやマットレスを一気に処分したい」
「不要なベッドを運ぶ出す男手が欲しい」

そんな悩みを持っている方はぜひ回収業者に依頼することをおすすめします。

福岡市でベッド、マットレスを処分するならエコロジーにおまかせ!

福岡市でベッド、マットレスの処分をするならエコロジーにおまかせください!
エコロジーは24時間、無料相談を受け付けており、

・見積無料
・即日対応可
・年中無休

で安心丁寧なサービスを提供しています!

ベッド、マットレスのほかにも家電、オフィス用品、楽器、大型用品などの回収も承っており、購入してから3~5年程度の家電製品に限り、買い取りも可能です! 状態により対象外になる場合がございます。

【利用料金】

軽トラックパック:9800円
1.5tトラックパック:29600円
2.0tトラックパック:39600円

【回収・処分の流れ】

①お問い合わせ・無料相談
②お見積りの提示
③回収作業
④お支払い、ご精算

お客様の様々なニーズに応じ、ごみ回収費用を抑えて見積りさせていただきます。
1点からの回収や大量のごみ回収まで様々なニーズに対応しています。
まずはお気軽にお問合せ下さい。

不用品ゴミ回収キャンペーン料金

押入れ~1K程度の
お片付けに
軽トラック
パック
25,000円 6,600円
ちょっとしたゴミやお部屋のお片付けにおすすめ!最短20分でササッとキレイにします。
1K〜少し広めの
お部屋ならこちら!
1.5tトラック
パック
50,000円 29,600円
少し広めのお部屋や多めの不用品回収はこちら。ゴミの分別不要でまとめて回収します!
家全体をまるごときれいに
倉庫やオフィスにも
2.0tトラック
パック
62,000円 39,600円
倉庫内やゴミ屋敷をまるまるキレイに!たまってしまった不用品を格安回収可能です。

関連ブログ

2021年01月23日

福岡市で給湯器を処分するには?廃棄する手順や費用を安く抑える方法について解説

皆さんのご家庭にはお湯を沸かすための給湯器が備え付けられてい...記事を読む

2021年01月17日

福岡市でピアノを処分するには?お得に廃棄する方法を詳しくご紹介!

習い事や趣味で使っていたけど、今はまったく使っていないという...記事を読む

2021年01月11日

福岡市で原付バイクを粗大ごみとして処分するには?

「不要になった原付バイクの処分方法がわからない。」、「福岡で...記事を読む

NEWS記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました