遺品整理を行う際の遺品供養はどうすればいい?

遺品整理を行う際の遺品供養はどうすればいい

遺品整理を行っていると、捨てるには抵抗がある遺品が出てくるかと思います。

故人が大切にしていたものを必要ないからと言って、むやみに捨てるのはあまり良いとは言えないでしょう。そのようなときは、遺品供養やお焚き上げをしてから処分するようにしましょう。

そもそも遺品供養はする必要があるのか?と思う方もいると思います。そこで、ここでは遺品供養をする意味や実際にみんなが供養しているか、遺品供養の場所や費用についてわかりやすく解説しています。

遺品供養とは?

そもそも遺品供養とは何のためにするの?と思う方もいますよね。遺品供養とは、「お寺や神社でお経を唱えてもらい、遺品に宿っている魂を抜いてから処分する」ことです。

感謝を込めて遺品を供養することで故人を偲びます。

遺品整理でお焚き上げの依頼

遺品供養とは違ってお焚き上げというものがあります。お焚き上げとは、「故人が大切にしていたものを浄火して魂を天に送って供養する」ことです。

手帳や手紙など焼却できるものはお焚き上げすることができます。お焚き上げは火を取り扱うので、自分で行うよりも業者や神社に依頼して行うのが一般的です。

依頼する際は、どれくらいの量の遺品をお焚き上げするかを、事前に伝えておくのがマナーの一つです。

写真などのお焚き上げは自分で?

上記でお焚き上げは依頼するのが一般的と述べましたが、写真数枚などの場合は自分の手でお焚き上げしてもいいでしょう。その程度の量ならちょっとした火で燃やすことができるので、火災になる危険性も少ないでしょう。

しかし、火を扱うことに変わりはないので、事前に消火器具や水の準備をしておきましょう。

お焚き上げをして火事が起きてしまった、なんてことにならないように対処法を考えておく必要があります。

遺品整理で供養やお焚き上げは必要?

遺品の供養やお焚き上げは必ずしも行わければならないものではありません

これらはあくまで遺品に対しての親族の辛い想いの負担を少しでも減らすものです。そのため、精神的負担がないような方や特に想い入れがない方は供養せずに、そのまま処分してもいいでしょう。

しかし、一般的には故人が大切にしていたものや写真などは、供養するのがマナーとなっているので特に急ぎの用事などがなければ行うようにしましょう。

また、遺品は一度処分してしまうと、二度と手元に戻ってくることはないので、供養やお焚き上げを行う前は後悔しないようにしっかり考えるようにしましょう。

遺品供養の場所は?

遺品供養は基本的にお寺や神社で行います。しかし、近年ではお焚き上げ業者や遺品整理業者がまとめて供養までしてくれるケースも増えてきています。

今までとは違って、遺品供養できる場所が増えてきたり、供養の仕方が異なってきています。そこで、ここでは遺品供養を行ってくれる業者とそれぞれのサービス内容をまとめています。

お寺や神社

現地にて行う現場供養や、遺品を神社に持ち込んで他の人の遺品と一緒に供養する合同供養があります。

また、場所によっては遺品の郵送を受け入れている神社もあり、現代に合った方法で供養しているところもあります。基本的には持ち込みにて供養する人が多いのが特徴的です。

葬祭場、お焚き上げ業者

基本的には、郵送にて供養の受付をしている業者が多いです。わざわざ足を運ばなくても大量に遺品を供養してくれるので、時間がない方や持っていく労力がない方にはおすすめのサービスです。

また、神社やお寺と違ってお焚き上げのプロなので、細かい要望やアドバイスを聞くことができるので、初めてのお焚き上げをする方には特におすすめです。

遺品整理業者

遺品整理業者は、遺品整理とまとめて一緒に供養までしてくれるという業者です。

遺品整理のみしてくれる業者はいくつかありますが、遺品の供養まで行ってくれる業者はそこまで数は多くはありません。もし、遺品整理と一緒に遺品供養もお願いしたい場合は、このような遺品整理業者に依頼してみましょう。

遺品供養の費用は?

遺品供養は場所によって、費用がかなり異なってきます。無料なところもあれば、数万円かかってしまう場所もあります。

そのため、お焚き上げや供養をする前は事前に相場観を知っておくようにしましょう。

自分でする場合

私有地の庭や空地で火を焚ける環境がある場合は、自分の力でお焚き上げすることが可能です。この場合かかる費用としては、0円~数千円でしょう。

少し量が多い場合は燃やしたものを入れる箱や消火道具が必要になってきます。写真数枚などであれば、燃やして水をかければ終わりなので後片付けも簡単です。

神社などに依頼する場合

神社などに依頼する場合、お焚き上げの方法は2つあります。

1つは、現場供養といい、故人の家に神主さんに来てもらいその場でお焚き上げをしてもらいます。

2つ目は合同供養といい、遺品を神社まで持っていき他の人の遺品と一緒に供養する方法です。費用は、現場供養が数万円となっており、合同供養が数千円となっています。

どうしても現場供養の方が人手や時間を要してしまうので、費用がかかってしまいます。

遺品整理業者に依頼する場合

不用品回収業者に依頼する

遺品整理をしていると、小さな不用品から大きな不用品まで様々なものが出てくると思います。それらをひとつひとつ自分の手で処分するとなると、かなりの手間がかかり非効率的なものになります。

このようなときは、不用品回収も対応している遺品整理業者にお任せするのも手段としておすすめです。不用品回収業者は一つの決まったものだけではなく、様々な不用品をトラックに入る分だけ回収してくれるので、一度に大量のものを処分することができます。

また、遺品整理と同時に供養も行ってくれるので全ての手間を省くことができます。費用は数万円かかってしまいますが、手間なく片づけから供養までしてくれるのでお得と言えるでしょう。

不用品ゴミ回収キャンペーン料金

押入れ~1K程度の
お片付けに
軽トラック
パック
25,000円 4,800円
ちょっとしたゴミやお部屋のお片付けにおすすめ!最短20分でササッとキレイにします。
1K〜少し広めの
お部屋ならこちら!
1.5tトラック
パック
50,000円 29,600円
少し広めのお部屋や多めの不用品回収はこちら。ゴミの分別不要でまとめて回収します!
家全体をまるごときれいに
倉庫やオフィスにも
2.0tトラック
パック
62,000円 39,600円
倉庫内やゴミ屋敷をまるまるキレイに!たまってしまった不用品を格安回収可能です。

関連ブログ

2021年09月04日

大野城市で粗大ゴミを持ち込みたい方必見!処分方法を解説!

日常生活を過ごしている中で、粗大ゴミの処分に困る方は多いでし...記事を読む

2021年08月27日

遺品整理をする際のトラックごとの費用は?

遺品整理を行っていると、故人の遺品が大量に出てきますよね。テ...記事を読む

2021年08月21日

生活保護受給者の遺品整理の流れと注意点

一人暮らしをしている親族が亡くなった場合、遺品整理を行わけれ...記事を読む

NEWS記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました