エレクトーン処分の方法について紹介

使わなくなったエレクトーンの処分に困っている方も多いのではないでしょうか。特にエレクトーンはサイズも大きいので、処分するのに手間が掛かってしまいますよね。そこで今回は、そんなエレクトーンの処分の方法についていくつ解説していきます。今後、エレクトーンの処分を考えている方に役に立つ内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

エレクトーンは粗大ゴミで回収していないの?

基本的にエレクトーンは、自治体によって異なりますが福岡市では粗大ゴミとして出すことができます。小さめのエレクトーンならいいのですが、サイズが大きいものになると家から持ち出すのが大変という声も少なくありません。また回収費用も処分の方法によって変わってくるので、処分する際はしっかり手数料を確認しておくことが大切です。

エレクトーンを処分する5つの方法を紹介

では、ここからは実際にエレクトーンを処分する方法について詳しく解説していきます。いくつかの処分の方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

寄贈する

まだ使えるエレクトーンであれば、WEBサイトを使用して寄贈することもできます。処分するのであれば、できるだけなら誰かに使い続けて喜んでもらうことで自分も嬉しいですよね。インターネットで寄付できるサービスもあるので、ぜひ事前に調べて寄付できる場所がないか探してみましょう。

周りにエレクトーンを使う人がいないか探す

友達や親戚でもいいので、引き取ってもらえないか確認してみましょう。例えば、音楽教室に通っている方であれば、欲しいという方も多いので、相談してみるのもおすすめです。また、お子さんが学校に行っている方であれば、周りの友達に欲しいという方もいるかもしれないので、聞いてみるのもいいでしょう。まだ使えるエレクトーンであれば、勿体ないので誰かに譲るのもいいですね。

フリマアプリや地域密着型コミュニティサイトを使う

最近では、オークションやフリマアプリでエレクトーンを販売することも可能です。フリマアプリを利用する方は、定価より安い商品を探している方も多いので、状態によっては高く売れる可能性もあります。また、フリマアプリに合わせて「ジモティー」などの地域密着型のコミュニティサイトを利用してみるのもいいでしょう。近所であれば車で引き取りに来てくれる場合もあるので、ぜひ出品してみましょう。

どちらもスマートフォンで簡単に出品ができるので、ぜひ利用してみて下さいね。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では、エレクトーンの引き取りも可能。また、引っ越しなどで他にも粗大ゴミが出た場合などまとめて処分もできるので、非常に便利です。自分の部屋から持ち運びもしてくれるので、自分で運ぶのが困難な方は利用することをおすすめします。

リサイクルショップで買い取りを依頼する

リサイクルショップであれば、エレクトーンを買取も可能です。エレクトーンの状態や年式によりますが、状態が良いものであれば高く買い取ってもらえる可能性もあるので、近くのリサイクルショップに相談してみましょう。最近では、出張買取もあるので、まずは見積もりを出してもらうことをおすすめします。

まとめ

今回はエレクトーンの処分方法について解説しました。エレクトーンはサイズも大きいので、自分で処分する際は必ず複数人で運ぶようびしましょう。まだエレクトーンが使用できる状態であれば、誰かに譲ってあげたり、フリマアプリに出品してみるのもおすすめです。ぜひ自分に合った方法を試してみて下さいね。

不用品ゴミ回収キャンペーン料金

押入れ~1K程度の
お片付けに
軽トラック
パック
25,000円 6,600円
ちょっとしたゴミやお部屋のお片付けにおすすめ!最短20分でササッとキレイにします。
1K〜少し広めの
お部屋ならこちら!
1.5tトラック
パック
50,000円 29,600円
少し広めのお部屋や多めの不用品回収はこちら。ゴミの分別不要でまとめて回収します!
家全体をまるごときれいに
倉庫やオフィスにも
2.0tトラック
パック
62,000円 39,600円
倉庫内やゴミ屋敷をまるまるキレイに!たまってしまった不用品を格安回収可能です。

関連ブログ

2021年02月23日

福岡市でパソコンを処分するには?データ削除も注意しよう

「不要になったパソコンの処分方法がわからない。」、「福岡でパ...記事を読む

2021年02月20日

蛍光灯や照明の処分、福岡ではどうしたらいい?処分方法など詳しく紹介

蛍光灯は薄いガラスでできている上に中に水銀が入っているため、...記事を読む

2021年02月14日

福岡市でプリンターを処分するには?買取業者も視野に入れよう

福岡市でプリンターを処分する際に 不要になったプリンターの処...記事を読む

NEWS記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました