福岡市で給湯器を処分するには?廃棄する手順や費用を安く抑える方法について解説

福岡市で給湯器を処分するには?廃棄する手順や費用を安く抑える方法について解説

皆さんのご家庭にはお湯を沸かすための給湯器が備え付けられていると思います。

その給湯器を処分することになった場合、一体どこに相談するのが正解なのでしょうか?
本記事ではそんな皆さんの疑問に答えるべく、給湯器の処分方法や安価に処分する方法についてまとめました!

ただ、本題に入る前に気を付けて欲しいことがあります。

  • 給湯器を処分する際は、取り外しのための工事が必要になること。
  • 取り外し工事を行った上で、さらに処分費が掛かってしまうこと。

上記の2点です。

給湯器にはガス給湯器や電気給湯器などの種類がありますが、そのどちらも専門知識や国家資格を持った人が工事を行わなければ取り外し出来ない仕組みになっています。

そのため、電子レンジや冷蔵庫、テレビといった他の家電機器と比べると処分に掛かる費用も割高になってしまう傾向にあるのです。

あなたの家の給湯器はガス給湯器?電気給湯器?取り外しを依頼する方法について

給湯器の種類によって依頼するべき会社が違う

給湯器にはガス式、石油式、電気式など様々な種類がありますが、今現在最も広く普及しているものと言えば燃料を手軽に供給できるガス式と電気式になります。

2種類の給湯器のうち、皆様のご家庭に取り付けられている給湯器はどのタイプでしょうか?ガス給湯器なのか、電気給湯器なのか、まずはその確認を行いましょう。

皆様のご家庭にあるのがガス給湯器ならガス会社に。
エコキュートなどの電気給湯器なら電気事業者に連絡して取り外しの工事を行うのが好ましいです。

ガス給湯器はガス配管が取り付けられている関係上、特定ガス消費機器に分類されます。
なので、その取り外しにはガス工事の技術や資格を持っている人が行う必要があります。

対して電気給湯器には電気配線が取り付けられている為、こちらも電気工事の技術、資格を持っている人が取り外しを行う必要があります。

洗面台に使用されるような小型の温水器であればガスや電気の配線工事も必要ありませんし、DIYで設置や取り付けを行うことも出来ますが、お風呂場にお湯を送れるような大型の給湯器になると話は別です。石油式以外の給湯器ならばガス工事や電気工事が必要になります。

無資格者がガス配管や電線の工事を行うのは違法行為ですし、そもそも技術者ではない人が取り外しを行うとガス漏れや感電事故などを引き起こす可能性があるため、非常に危険です
専門の技術や資格を持たない人がDIYで取り外しを行うのは絶対にやめましょう。

取り外し工事はどこに依頼するべき?

家の引き払いなどで給湯器の取り外し工事のみを行いたい方は、給湯器のタイプに合わせて皆様が毎月ガス代や電気代を支払っている事業者に連絡を取りましょう。

エコキュート、エコジョーズ、ダイヤホットなど、工事が必要になる大型の給湯器やガス配管が接続されている給湯器ならば配管工事や電気工事が必須になります。

知り合いや身内に工事業者さんが居る方や安く工事を引き受けてくれる業者さんを知っている方などはそちらに直接連絡するのも良いでしょう。

給湯器を新品に交換する場合ならば、取り付け工事を行ってもらう際に取り外し工事も行ってもらえる場合が多いです。その場合は取り外しが無料になる場合もあります。
給湯器を購入した家電量販店に工事の手配をしてもらうのも良いでしょう。 ただしその場合は仲介料などで費用がかさんでしまう傾向にあります。

福岡市で給湯器の廃棄処分を行う方法と費用を抑える方法とは

給湯器の取り外し工事を行った後は、取り外した給湯器を処分する方法を選ばなければなりません。
給湯器を処分する方法は、主に以下の3つです。

  • 取り外し工事を行ってくれた業者に産業廃棄物として処分してもらう
  • 粗大ごみとして処分する
  • 不良品回収業者に依頼する

それぞれの方法について解説していきます。

取り外し工事を行ってくれた業者に産業廃棄物として処分してもらう

メリット

ガス給湯器、もしくは電気給湯器の取り外し工事を行ってくれた業者には、そのまま給湯器の処分も依頼することが出来ます。

この方法を選んだ際のメリットはとにかく手間が要らないことです。
取り外し工事を行ってくれたその日に給湯器を持って帰ってもらえます。取り外し工事が済んだ後に給湯器を一時的に保管する手間も、
粗大ごみ回収の手配や回収業者への連絡などの手間も一切必要ありません。

取り外しを行った後で面倒な手続きを踏みたくない方はこの方法を選ぶのが良いでしょう。

デメリット

この方法には費用がかさむというデメリットがあります。
取り外し工事、もしくは新品との交換工事費が掛かった上で処分費用までが別途で上乗せされるわけですからそれだけで5000円~10000円程度は工事費が増えることになります。

工事業者によっては処分費を高く設定しているところもあり、高額な費用を請求される場合もあります。

工事業者によっては処分だけで、1万円以上掛かる場合もあるので注意しましょう。

給湯器を粗大ごみとして処分する

電子レンジや冷蔵庫、テレビといった家電機器を処分する場合、『家電リサイクル法』に則った処分方法を選ぶ必要がありますが、福岡市では給湯器や風呂釜が家電リサイクル法の対象品目に含まれておらず、粗大ごみとして処分することが出来ます

▼家電リサイクル法についてはこちらを参照ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/higashiku/seikatsukankyo/annai-oshirase/RI001.html

給湯器は取り外しに工事が必要な関係上、基本的にはガス事業者や電気事業者の手によって産業廃棄物として処分されることが多いので、これは盲点と言えます。

産業廃棄物として処分するよりは粗大ごみとして処分するほうが格安になりますので、運搬の為の人手を確保できる場合はこの方法がおススメです。

▼福岡市の粗大ごみ受付品目一覧
https://sodaigomi-kankyo.city.fukuoka.lg.jp/list.cgi

上のページでは給湯器の処分費用が500円になっていますが、福岡市の粗大ごみ受付センターに確認したところ、これは小型~中型の風呂釜や給湯器に限った話であって、エコキュートなどの大型の給湯器ならば貯湯ユニットとヒートポンプユニットのそれぞれに1000円の処理券が必要とのことでした。

給湯器を粗大ごみとして処分する際は、500~1000円の粗大ごみ処理券を購入し、電話やインターネット、LINEなどを使って福岡市の粗大ごみ受付センターに連絡を入れ、回収日の打ち合わせをした上で回収予定日の朝8:30までに指定場所まで給湯器を持っていくようにしましょう。
連絡先や方法については、以下を参考にしてください。

福岡市 粗大ごみ受付センター:
電話:092-731-1153 (受付:月曜日~土曜日 9:00~17:00)
インターネット受付: https://sodaigomi-kankyo.city.fukuoka.lg.jp/

電話やインターネットの他、LINEを使って回収を申し込むことも可能です。
LINEを使った粗大ごみの回収方法は【福岡市でのLINEやLINE Payを使った粗大ゴミの回収依頼方法】に詳しくまとめております。

メリット

小型~中型の物ならば、500円。
大型の物でも最大で2000円と非常に安価に処分出来ます。

デメリット

運搬や手続きに手間が掛かります。 処分したい給湯器がエコキュートなどの大型の給湯器だった場合は特にです。

エコキュートは水が入っていない場合でも60kg~90㎏程度の重量があるので、粗大ごみの回収指定場所にまで持っていくのは困難です。

これは、重量物の運搬に慣れている2,3人の成人男性が居てやっとのことで持ち運べる重さなので、かなりの手間と労力が掛かると言えます。

処分したい給湯器が大型である場合は、業者に依頼するのがベストだと言えるでしょう。

不良品回収業者に依頼する

メリット

処分したい給湯器が購入してから3年以内であるなど、まだ新しい製品だった場合は買い取ってもらうことも可能です。

購入から3年以上建っている場合でも、商品価値がまだあると判断された場合は無料での引き取りも可能です。

買い取りや無料引き取りの場合、当然処分費用は掛かりませんし、逆にお金を貰うことも出来るので、これまで説明してきた方法の中では最も安価に給湯器を処分することが出来ます

給湯器を粗大ごみとして処分する場合に手間や労力が要ることについても説明しましたが、回収業者に頼めばその心配もありません。

給湯器を家まで回収しに来てくれる上に、回収業者の手で家から運び出してもらえます。
処分したい給湯器がエコキュートなどの大型の物であった場合も同様です。

デメリット

買い取りや無料引き取りを行ってもらえるのは商品価値があるものに限る、という点です。

  • 購入から3年以上が経っている
  • 外装の剥がれやキズが目立つ

などの目立った劣化がある場合、買い取りや無料引き取りを行ってもらうのは難しいので有料での引き取りとなります。
その場合は当然、粗大ごみで処分したほうが費用を抑えられます。

福岡市で給湯器を処分するなら福岡エコロジーにお任せ!

工事業者に産業廃棄物として処分してもらう場合はなにかと処分費がかさみ、高額になりがちですが、エコロジーでは4800円から回収を承っております

粗大ごみとして出せば給湯器を安価に処分出来ますが、給湯器が大型だった場合は大変な手間が掛かります。人手が確保出来ない場合はエコロジーなどの回収業者に依頼してみてはどうでしょうか?

回収業者やリサイクルショップに依頼する際のメリット、デメリット

福岡エコロジーでは給湯器の回収に当たる前にまず現地にて調査をし、買い取りなどの査定を行います。

回収するまでに至らなくてもご相談とお見積もりだけならば無料で承っておりますので、
処分したい給湯器が買い取りや無料引き取りを行えるものなのかどうか判断が付かない場合でも気軽にご相談ください。

エコロジーは24時間無料相談を受け付けており、

  • 見積無料
  • 即日対応可
  • 年中無休

と安心丁寧なサービスを提供しています!

テレビなどの家電のほか、オフィス用品、楽器、大型用品などの回収も承っており、購入してから3~5年程度の家電製品に限っては買い取りも可能です!状態によっては買取が難しい場合もあります

回収にかかる費用の詳細などは【福岡不用品回収料金案内】のページをご覧ください。

不用品ゴミ回収キャンペーン料金

押入れ~1K程度の
お片付けに
軽トラック
パック
25,000円 6,600円
ちょっとしたゴミやお部屋のお片付けにおすすめ!最短20分でササッとキレイにします。
1K〜少し広めの
お部屋ならこちら!
1.5tトラック
パック
50,000円 29,600円
少し広めのお部屋や多めの不用品回収はこちら。ゴミの分別不要でまとめて回収します!
家全体をまるごときれいに
倉庫やオフィスにも
2.0tトラック
パック
62,000円 39,600円
倉庫内やゴミ屋敷をまるまるキレイに!たまってしまった不用品を格安回収可能です。

関連ブログ

2021年02月23日

福岡市でパソコンを処分するには?データ削除も注意しよう

「不要になったパソコンの処分方法がわからない。」、「福岡でパ...記事を読む

2021年02月20日

蛍光灯や照明の処分、福岡ではどうしたらいい?処分方法など詳しく紹介

蛍光灯は薄いガラスでできている上に中に水銀が入っているため、...記事を読む

2021年02月14日

福岡市でプリンターを処分するには?買取業者も視野に入れよう

福岡市でプリンターを処分する際に 不要になったプリンターの処...記事を読む

NEWS記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました