遺品整理で捨ててはいけない残すものとは?

遺品整理で捨ててはいけない残すものとは?

親族が亡くなり、故人の家を片づけるために遺品整理をする必要がありますよね。遺品整理は多くの遺品があり、片づけるのがとても大変です。

その際に、全ての遺品を処分していいとは限られておらず、捨ててはいけないものや残すものがあります。しかし、どれを捨ててよくてどれを残せばいいか分からないかと思います。

特に、初めて遺品整理をするという方は分からない点も多いと思います。

そこで、この記事では遺品整理の際に捨ててはいけないもの、遺品を残す際の注意点について詳しく紹介していきます。遺品整理をする際にぜひ参考にしてください。

遺品整理をする前に確認すること

大切な故人の遺品整理をする前に、いくつか確認しておかなければならないことがあります。始める前の準備をすることで、作業が効率化する上に無用なトラブルを避けることができます。

遺言書があるか確認

遺品整理をする前にまず探すのが、遺言書です。

遺言書には、故人が残してほしいものがリスト化されていたり、遺品をどのようにしてほしいのか記載されている場合があるからです。

遺言書はただの紙ではなく、法的に力を持ったものです。たとえ親族の方が不要だと思った遺品でも、故人が遺言書に残してほしいと記載していたら残さないといけません。

そのため、遺品整理で間違って捨ててしまったなんてことがないように、遺品整理を始める前に遺言書を探す必要があります。

親族と話し合う

遺品整理をする際、遺品の中には価値あるものがたくさんあります。それらを親族の方に相談する前に、独断で処分してしまうと後々のトラブルに繋がったりします。

上記で述べた遺言書の中に、残すべきものとして記載されていなくても、親族によっては残してほしいという場合があります。遺品を残すかどうかは人によって価値が変わってくるので、事前の相談で捨てるか決めましょう。

また、遺品放棄をする場合は弁護士との相談をする前に遺品整理をすることができないので、事前に親族と話し合ってから話を進めるようにしましょう。

遺品整理で捨ててはいけないもの

それでは遺品整理をする際に、絶対に捨ててはいけないものは何でしょうか。

ここでは、残しておくべきものをいくつか紹介していきます。ついつい見落としてしまうものまであるので必ずチェックしておきましょう。

お金

現金が遺品の中に残っている場合は、全て取っておくようにしましょう。

ほとんどの場合、1円玉などの硬貨があるのでそれらを一つの入れ物に保管しておき、後々誰が管理するか決めてきましょう。

また、故人が意図的に残しておいた場合があるので、それを間違えて捨ててしまったなんてことにならないように、しっかりと保管しておきましょう。

遺品整理で現金を見つけたときの対処方】に遺品整理の現金の隠し場所や対処方法を、分かりやすく解説しています。合わせてご確認ください。

貴重品

貴重品として挙げられるのは、鍵、身分証、クレジットカードなどのカード類です。

身分証は有効期限があり、期限内に返却する必要があるので捨てずに保管しておく必要があります。

鍵は、どれがどの鍵かわからない場合があります。いざ必要になったときに処分しておくと厄介なことになるので、こちらも必ず保管しておきましょう。

カード類は必ずしも必要かは故人によって異なりますが、保管しておく必要があります。貴重品類はまとめて同じ入れ物に保管しましょう。

美術品

芸術作品は価値を見極めるのは難しいでしょう。そのため、美需品などの骨董品を見つけた際は、損傷がひどくない限り綺麗に保管するようにしましょう。

後々に鑑定士に見てもらい必要かどうかわかってから処分するようにしましょう。

また、美術品が入っていた箱が残っている場合は必ず取っておくことをオススメします。箱があるかないかで価値が大きく変わってきます。

リース品

最近では、契約を交わして使用しているものが多く、故人の私物ではないものがあります。

借りているものなので、勝手に処分をしてしまうと賠償金が発生するので、捨てないようにしましょう。リース品なのかどうか見極める力も必要になってきます。

写真やアルバム

写真で残したものは故人にとってとても大事なものです。思い出を残しておくことは故人に対する礼儀でもあります。

遺品整理で残すものの注意点

価値あるものだけが残すものではない

遺品整理をする際、様々な遺品がありどうしても価値あるものだけに目がいってしまいますよね。しかし、世間的に価値がないものでも、親の遺品など残すものがあります。

そのため、明らかに不用品と思えるもの以外は確認してから捨てるようにしましょう。

残しすぎは後々大変

遺品整理のコツはコンパクトにまとめることです。残しすぎると荷物が多くなり、後々の処分が大変になります。なるべく最低限のものを残すようにしましょう。

不用品回収業者に依頼する

遺品整理をしていると、小さな不用品から大きな不用品まで様々なものが出てくると思います。

それらをひとつひとつ自分の手で処分するとなると、かなりの手間がかかり非効率的なものになります。

このようなときは、不用品回収のプロである不用品回収業者にお任せするのをおすすめします。不用品回収業者は一つの決まったものだけではなく、様々な不用品をトラックに入る分だけ回収してくれるので、一度に大量のものを処分することができます。

遺品整理で多くの物を処分する必要があり困っている際は、ぜひ有効活用してみましょう。

不用品回収は福岡エコロジーにお任せ

私たち福岡エコロジーでは、不用品回収を行っており福岡県で幅広く活動しています。不要になった大型ゴミも回収しているので、お困りの際はぜひ利用してみてください!

  • 500件の経験があり、リピート率NO.1
  • 安心なパック料金
  • お客様に寄り添う対応

で安心丁寧なサービスを提供しています!

遺品整理の細かいものだけではなく、一人ではなかなか運べない大型のものまで取り扱っているので安心して遺品整理をすることができます。

今回は、遺品整理の捨ててはいけないも・残すものについて紹介しました。遺品整理の処分に困っている際は、この記事を読んで参考にしてくださいね。

不用品ゴミ回収キャンペーン料金

押入れ~1K程度の
お片付けに
軽トラック
パック
25,000円 4,800円
ちょっとしたゴミやお部屋のお片付けにおすすめ!最短20分でササッとキレイにします。
1K〜少し広めの
お部屋ならこちら!
1.5tトラック
パック
50,000円 29,600円
少し広めのお部屋や多めの不用品回収はこちら。ゴミの分別不要でまとめて回収します!
家全体をまるごときれいに
倉庫やオフィスにも
2.0tトラック
パック
62,000円 39,600円
倉庫内やゴミ屋敷をまるまるキレイに!たまってしまった不用品を格安回収可能です。

関連ブログ

2021年09月04日

大野城市で粗大ゴミを持ち込みたい方必見!処分方法を解説!

日常生活を過ごしている中で、粗大ゴミの処分に困る方は多いでし...記事を読む

2021年08月27日

遺品整理をする際のトラックごとの費用は?

遺品整理を行っていると、故人の遺品が大量に出てきますよね。テ...記事を読む

2021年08月21日

生活保護受給者の遺品整理の流れと注意点

一人暮らしをしている親族が亡くなった場合、遺品整理を行わけれ...記事を読む

NEWS記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました